かめ壺焼酎蔵「明るい農村」

akarui-nouson.jp

霧島町蒸留所は明るい農村など本格焼酎の製造・販売や無料蔵見学などを実施しております

百姓百作 霧島芋

地元、鹿児島県霧島産のかめ壺芋焼酎「百姓百作 霧島芋」
地元、鹿児島県霧島産のかめ壺芋焼酎「百姓百作 霧島芋」

かめ壺芋焼酎「百姓百作シリーズ」、7品種目。

地元、鹿児島県・霧島でとれた霧島芋(さつまいも/コガネセンガン)を、「明るい農村」の蔵に100年以上前から使い続ける伝統のかめ壺で仕込み、霧島山系地下水で仕立てました。

霧島生まれ、霧島育ちの芋焼酎です!

霧島芋の豊かな風味と、清らかな霧島の水が味、香りともに絶妙のバランスを生み、まろやかさの中にも、スッキリとした味わいのある焼酎に仕上がりました。

お湯割り、水割り、炭酸割りと、お好みの飲み方でお召し上がりください。

※焼酎は糖類ゼロ!の記事は、こちらをご覧ください。

原材料:さつまいも(鹿児島県霧島産 黄金千貫)
麹: 米麹(国産米)
仕込み:かめ壺
仕込み水:鹿児島県霧島山系天然水
アルコール分: 25度

1800ml 税込 2,619円(税抜2,381円)
720ml  税込 1,320円(税抜1,200円)

1800mlのご購入は、こちらから
720mlのご購入は、こちらから
かめ壺芋焼酎「百姓百作 霧島芋」に使うさつまいも

■百姓百作物語

「百姓百作(ひゃくしょう・ひゃくさく)」は、福岡県嘉穂郡の農家、古野隆雄さんがいつも使われている言葉(造語)です。

お「百姓」さんは、春、夏、秋、冬たくさんの野菜を作り、それに必要な道具を何でも自分の手で作るから「百作」です。

私達は、「明るい農村」「農家の嫁」という銘柄を通じて、農業へのご縁を深く感じています。

この「百姓百作」という素晴らしい言葉を、もっと多くの人に知ってほしいと、古野さんにお願いにあがり、銘柄の名前にさせていただきました。

■お客様の声

・以前貴蔵を訪問させていただきました。「百姓百作(霧島芋)」旨すぎです。また、購入したいと思います。よろしく。

・先日家族で伺いました。蔵限定の百姓百作は、とても飲み口がすっきりしていて、甘みもあり、一気にファンになりました。

■関連商品

かめ壺芋焼酎「百姓百作 霧島芋」には、次のような関連焼酎があります。味わいの違いを、ぜひお楽しみください。

お友達に教える:
かめ壺焼酎蔵「明るい農村」