明るい農村

akarui-nouson.jp

霧島町蒸留所は明るい農村など本格焼酎の製造・販売や無料蔵見学などを実施しております

焼酎の保管方法

こんにちは(^^)/霧島町蒸留所の阿部です。

突然ですが、焼酎の正しい保管方法をご存じでしょうか?
実はこの焼酎の保管方法、お客様からいただくお問合せNo.1なのです。

そこで、今回は、焼酎をより美味しく飲んでいただけますよう、焼酎の「保管方法」についてお伝えします。

焼酎の保管方法

①直射日光をお避け下さい
②高温になる場所をお避け下さい
③冷蔵庫や家の外など、気温が低い場所もお避け下さい

①直射日光をお避け下さい

直射日光があたると、中の焼酎が劣化する原因になってしまいます。焼酎を保管する上で、最も気をつけていただきたい点は“直射日光を避けること”です。
焼酎のボトルが黒や茶色が多いのは、このためです。

②高温になる場所をお避け下さい

直射日光を避けることにも通ずることですが、温度の急激な変化や大幅な変化は、焼酎にとってストレスになります。コンロの近くなどの温度が高くなる場所は避けて、戸棚の下など、比較的温度変化が少ないところへ保管してください。

③冷蔵庫や家の外など、気温が低い場所もお避け下さい

気温が低すぎるところへ保管すると、焼酎に含まれる成分が固まって、オリとなって生じることがあります。飲んで問題のあるものではありませんが、それ自体が雑味の原因になります。冷蔵庫で保管する場合は、野菜室など温度が低すぎないところへ入れましょう。

以上が、焼酎を保管する際のポイントです。
ご家庭にもよりますが、食器棚の下や、しばらく飲まない場合はクローゼットの中など、直射日光が避けられて、急な温度変化が少ないところへ保管するのが良いと思います(^^♪新聞紙で包むのも日光を避けるのに効果的ですよ。

なお、焼酎には賞味期限がありません。焼酎はアルコールが20度以上あり、それ自体に雑菌が繁殖できる環境ではないという理由で、賞味期限が存在しないのです。

「開栓前はそれでいいけど、開栓後は早く飲まないとダメなんでしょ?」とお問合せいただくこともありますが、開栓後でもアルコール度数が落ちるわけではありませんので、賞味期限は同様に、なしと考えていただいて大丈夫です。

ただし、開栓後は空気に触れたことで酸化が進み、風味が落ちてきたり、香りが飛んで弱くなるといったことがあります。
賞味期限はないのですが、なるべく早めにお召し上がりいただけますと、より美味しさを保った状態でお楽しみいただけます!開栓後はキャップをしっかりと閉めてくださいね(*^_^*)

適切な保管方法で、より焼酎を美味しくお楽しみください!

★✰明るい農村のご注文はこちらから✰★
明るい農村通販HP

Tags: , ,