霧島町蒸留所は明るい農村などの本格焼酎の製造・販売や無料蔵見学などを実施しております

明るい農村

akarui-nouson.jp

霧島町蒸留所<黒麹>

KJkuro_kanban

 

images_ssh霧島町蒸留所は、明治44年創業で、霧島町で一番古い蒸留所です。

この町も、2005年の市町村合併で「霧島市霧島」になりましたが、町の人たちに「霧島町」という名前を身近に思い出してもらいたいと、「霧島町蒸留所」という銘柄にしました。

古い木造の蔵の中で、300kgのお米を蒸し、麹をつくり、かめ壺で仕込みました。1,500kgのさつまいもでもろみをつくり、ゆっくり蒸留しました。仕込みも割水の霧島山系の天然水です。

黒麹NK菌を使用し、濃厚な味と芳醇な香りを追求したものです。原酒のうまさ、霧島の水のおいしさを、そのまま残すため、ろ過は控えめにしています。


このため、焼酎はうすくにごり、気温が低いときなどは表面に浮いたり、オリとなって沈殿したりしますが、これは高級脂肪酸などの旨み成分ですのでご心配ありません。
よく振って溶け込ませてからお飲みください。
お湯割り、ロック、水割りでおいしくいただけます。

黒麹かめ壷焼酎 「霧島町蒸留所」
原材料:芋、米麹

アルコール度数:25度

images_ssh
容量・価格 注文数
1800ml/税込2,571円
(税抜2,381円)

720ml/税込1,296円
(税抜1,200円)