霧島町蒸留所は明るい農村などの本格焼酎の製造・販売や無料蔵見学などを実施しております

明るい農村

akarui-nouson.jp

霧島観光(霧島の花)

霧島の花
images_ssh
images_ssh
images_ssh ◆ミヤマキリシマ(深山霧島)

霧島連山に群生して、5月中旬~下旬ごろに花を咲かせるミヤマキリシマは、霧島の代表的な花のひとつです。

火山地帯という過酷な環境の中、ひとつひとつの花はとても小さいですが、群れなして一斉に咲くと、山肌はピンク色のじゅうたんのようで、とてもきれいです。

つぼみのミヤマキリシマ→ images_ssh
images_ssh
images_ssh ◆ノカイドウ(野海棠)

霧島(えびの高原)は、ノカイドウが自生している、世界で、たったひとつの場所です。

大正12年に、国の天然記念物に指定されました。バラ科りんご属の野海棠は、桜よりも小さい花を、年に数日(4月下旬~5月上旬)だけ花を咲かせます。

つぼみは濃い紅色ですが、花は白いので、開花につれ鮮やかなピンクが、とてもかわいらしいです。(満開時は、真っ白です)

シカの食害により、1969年に504株あった親木は、2013年には256株に半減しています。現在、自生地は柵で囲われ、シカが入らないように、保護されています。

images_ssh images_ssh
つぼみ 満開
images_ssh
images_ssh ◆キリシマミズキ

花時は、4月下旬~5月下旬ごろ

マンサク科のキリシマミズキは、標高の高い山すそに咲きます。

釣鐘状に花を垂らして咲く姿は、鮮やかで、目に楽しいです。

標高の高い道路沿いにも咲いています。 images_ssh
images_ssh
ミツバツツジ ◆ミツバツツジ

5月中旬~5月末ごろ

霧島連山の山中に群生する、ミツバツツジは、木々の新緑とともに燃えるような鮮やかな花が咲くのが特徴です。

枝先に、ひし形の葉が、3枚ずつ行儀よく出ることからこの名前がついています。

images_ssh
images_ssh ◆ツルキジムシロ

4月~5月ごろ、霧島連山のあちこちで、見られる花。

足元に、小さく一生懸命咲いている様子がけなげ。

images_ssh
images_ssh ◆藤和気神社には、23種の藤が100本植えられており、毎年4月中旬から5月初旬に、藤祭りが開かれます。

奈良時代から平安時代にかけて国の官僚として活躍した和気清麻呂公(わけのきよまろ)の縁で、岡山県和気町から藤の苗木が100本、和気神社に贈られ、見事な花を咲せるようになったことから開催されるようになりました。

【和気神社】
鹿児島県霧島市牧園町宿窪田3986
TEL0995-77-2885